FC2ブログ

浅田次郎作 「月島慕情」

朗読会で、浅田次郎さんの「月島慕情」を読みました。

前回初めて読んだのは2007年の秋でした。
今回は私の朗読の先生が一緒に読んでくださいました。
男性の声と子供の声は先生が読んで下さっています。


あいにくの雨模様でしたが、たくさんのお客様に聞きに来て頂きました。
本当に有難うございます。


普段朗読の舞台に立つ時には言われない事なんですが
今回はお話の主人公 生駒は、吉原の御職太夫という設定なので
先生からメークを濃くしなさい!というアドバイスが・・・

普段からほとんどメークをしていない私なので
突然言われても、準備がありません。(^_^;)

ありったけのメイク用品を使用して
普段の倍くらい濃いメークで舞台に立ちました。(>m<)

録音の程度はあまり良くありませんが
こちらに音声をアップしています。

ご興味のある方はダウンロードして下さいね。

テーマ : 読み語りボランティア
ジャンル : 福祉・ボランティア

こういう事もありますね

昨日に引き続き、今日も区内のマンションの集会場で朗読会をしてきました。

朗読会は14時からなのですが、11時から会場に設営に行きました。

今日の演目は

スクリーンシアター(プロジェクターを使用した紙芝居)
「ごろはちだいみょうじん」

これは関西弁の絵本なんですが、関西出身のメンバーが
とっても味のある読みをしてくれます。


フルートミニコンサート


スクリーンシアター(プロジェクターを使用した紙芝居)
朗読劇「ちいちゃんの影おくり」



のはずだったのですが・・・



いつも朗読会でフルート演奏をしてくださっている方が
お見えにならなかったんです。

今までこんな事はなかったのですが
日程の連絡がうまく行っていなかったのかもしれません。


突然のハプニングで司会をしてくれていたメンバーも焦っていたんですが

昨日の朗読会で「花よい」を読んでくださったSさんが
ちょうど原稿をお持ちだったので、急遽読んでくださって
事なきを得ました。

Sさん曰く、今朝家を出る時に何となく原稿をカバンに入れたとか・・・
虫の知らせだったのかもしれませんね。(^_-)


朗読の会 マザー・グースのメンバーはいろいろな事に長けた方が多いので
こんなハプニングがあっても、あまり心配せずに何とかなるに違いないと思えます。(^_^)
本当に良いメンバーです。



テーマ : 朗読ボランティア
ジャンル : 福祉・ボランティア

源氏物語 紅葉賀

今日は月に一度の朗読会でした。

去年の9月から毎月一話ずつ読んでいる源氏物語
今月は私が担当で第二巻の紅葉賀(もみじのが)を読みました。

瀬戸内寂聴さん訳の源氏物語は原文ほどではありませんが
普段使わないような言葉ばかり・・・

練習していても、何度も口が回らなくなっていました。

公演時間の関係もあり、半分くらいに編集をして読んでいるのですが
それでも50分位かかるので、一日一度読むのが精一杯でした。


本番では客席の皆さんが熱心に聴いて下さっていたので
何とか最後まで読みきることができました。

小さな失敗はたくさんありましたが、今は終わってホッとしています。


朗読の大きな舞台はしばらくないので
今度こそ(昨年9月の舞台を終えたときにも書いていたんですが)
創作活動に戻りたいと思います。

続きを読む

3年ぶりの朗読の舞台

私が入っている朗読ボランティアサークルでは
第4水曜日に区の老人福祉センターで「名作サロン」という朗読会をしています。
この朗読会は10年以上続いています。

一度の公演で基本的には3作品を披露しています。

今日は3年ぶりに一人で舞台に立ちました。
読んだお話は小川明子さん作の「すてご花」です。

捨て子として引き取られた「仙太」をめぐる長屋の人々の人情や心意気などが、
江戸の年中行事などをからめていきいきと描かれています。
児童書なのですが、大人の方が共感し理解できる作品です。

シリーズものの第一話目を読ませていただきました。
時間にして30分強
練習していたときには40分近くかかっていたのですが
やっぱり本番は少し早くなってしまいます。(^_^;)

あいにくの雨模様でしたので、お客様も少ないだろうと思っていたのですが
50名以上の方がいらして下さいました。
今日はわざわざ友人も聴きにきてくれて、ちょっと気恥ずかしかったのですが
楽しんでくれたようで、嬉しかったです。

今回の朗読会で一段落、しばらく休んでいた作品作りを復活させようと思います。

テーマ : 朗読ボランティア
ジャンル : 福祉・ボランティア

七夕のおはなし会

今日はF児童館に七夕のおはなし会に行ってきました。

今回の演目は手遊びとパネルシアターのお料理「オクラズシ」と
プロジェクター紙芝居「たなばたものがたり」です。

この日のために準備したプロジェクター紙芝居
初めての実演でしたが、思った以上に上手くいきました!

20090707_01.jpg

読み手のMさんが5役を見事に演じ分けてくださって
大きな画面に映写された紙芝居に子ども達の反応も上々でした。

今後は今までサークルで作成した紙芝居などを
データ化していく予定です。

そうそう、パソコンを使用しない為、セッティングにも時間がかからず
USBメモリー対応プロジェクターを選んだのは正解だったようです。(^_-)

七夕にプロジェクターで紙芝居

早いもので今日から7月

今年ももう半分終わってしまいました。(^^ゞ
年々月日の流れを早く感じています。


今年の2月に朗読サークルでデータプロジェクターを購入しました。
今まで紙芝居で上演していた演目をもっと大きなサイズで表示できたら
という期待の元に購入された備品です。


購入したプロジェクターはCASIOの機種なんですが
軽量・小型でパソコンを繋がなくてもUSBメモリーに画像を入れて再生が可能です。
これですと、パソコンの苦手な方でも簡単に操作ができると思い選びました。


7日に児童館にボランティアに行くのですが
その時に「たなばたものがたり」という紙芝居を
このプロジェクターで初めて上演します。


今回紙芝居の写真はD80で撮影をしました。
1000万画素以上の画像をそのまま使ってしまうと
USBメモリーで表示させる場合、どうしてもファイルの表示に時間がかかってし
まいます。
ある程度の画質は残したいけれど、読みのタイミングとズレ過ぎてもいけないし
と考えながら、画像の加工をして準備しています。

7日の上演、上手くいくと良いのですが・・・

もうすぐ成果発表会

今週の土曜日は私もお手伝いに行っている老人福祉センターの
成果発表会です。

昨年春から練習を始めた60歳から75歳位の生徒さんたちが
3つの作品を上演します。

上演演目は

子ザルまつの話
ふるやのもり
郡読 早口言葉

今日は最後の練習日だったので、当日の入場、マイクの高さ調整、退場まで
一連の流れにそって練習しました。

今までマイクを意識して読んだことのない皆さんなので
それだけでもかなりの負担になっているようでした。(^_^;)


当日は皆さんが楽しく発表できるように、見守りたいと思います。

今日のお客様は2人でした

今日は病院でのおはなし会でした。
お客様は男の子一人とお母さんの二人でした。

3歳の男の子はちょうど人見知りをしてしまう時期だったようで
最初はお話をしてくれなかったんですが
アンパンマンからスタートしていくつかの紙芝居を読んでいくうちに
笑顔が出るようになっていました。

一時間のおはなし会が終わる頃に、やっと打ち解けてくれて
名前を教えてくれました。(^_-)

笑顔がとってもかわいいお子さんでした。
早く元気になって退院できるといいですね。

続きを読む

テーマ : 朗読ボランティア
ジャンル : 福祉・ボランティア

お墓の下まで


RIMG0178.jpg

(ぶれています)m(__)m


今日は朗読のお稽古日

新しいお話の読みがスタートしました。
今回のお話は宮部みゆきさんの「お墓の下まで」

時代物です。

続きを読む

テーマ : 朗読ボランティア
ジャンル : 福祉・ボランティア

朗読会のお知らせ

12月24日(水) 朗読会があります。
(会場は地元の老人福祉センターです)

演目は浅田次郎さんの「ろくでなしのサンタ」

今回は配役をして、音楽も入ります。
私は音楽担当します。
弾く部分は少ないんですが
朗読にあわせるのは意外と難しい・・・(^_^;)


この日は学童クラブの生徒さんもいらっしゃるので
パネルシアターの上演も二つあります。

「手ぶくろを買いに」はブラックライトを使った
パネルシアターでとっても綺麗です。

お料理のパネルシアター「たこ焼き」も楽しいですよ。



一般の方でもお聴きいただけます。
もし興味のある方がいらっしゃいましたら
メールをいただけましたら詳細をお知らせします。

※会場は、東京駅から地下鉄利用で20分程度です。

テーマ : 読み語りボランティア
ジャンル : 福祉・ボランティア

sidetitleメニューsidetitle
sidetitle最新の記事sidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitleリンクsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitle優しいひとときsidetitle
QR