大発見から一年

ピーターラビットの日本語訳が明治時代に!という大発見を
ラピータさんが見つけて下さったのが、ちょうど一年前。
私もその事実を検証するために、国立国会図書館へご一緒させて頂きました。
あの日、ラピータさんとKさんと私の3人で発見の喜びをわかちあうために
月島にもんじゃ焼きを食べに行ったんです。
普段お酒をほとんど飲まない私ですが発見の喜びについ飲みすぎてしまいました。(^_^;)
あの日の思い出の一枚

その後、Kさんの働きかけもあり新聞数社にこの発見が掲載されました。
最初に掲載された日はラピータさんと一緒に京都に行っていたのですが
東京に住んでいる友人から「一面になっつさんの名前が載っているけど!」
と連絡を受けて、あわてて販売店に買いに行きました。
後でわかったのですが、関東と関西では掲載内容に微妙に違いがあったんです。
関東版にはラピータさんと私の名前も掲載されていたので
記事に気がついて電話やメールを下さった方が大勢いらっしゃいました。(*^_^*)

発見時の詳細(ラピータの部屋内)
http://rapeter.dip.jp/rapeter/peter/rp4953.html

あれから一年
昨年9月のミス・ポターの公開もあり、今まで以上にピーターラビットとポターさんの世界は
多くの方に興味を持っていただけたと思います。

私ももっとポターさんについて学びたいと思いつつも
仕事などに追われて、なかなか実現できないでいます。
そんな中、ラピータさんはデアゴスティーニの冊子に記事を書いていらっしゃる事もあり
今まで以上に研究を重ねていらっしゃいます。
たくさんの洋書をご自分なりに翻訳し、今まで日本語訳されていない内容も
デアゴスティーニの記事の中で紹介なさっています。
もちろん、執筆には多大な苦労もされていますが・・・

時々、私にも面白いエピソードを見つけると教えてくださるんです!(^_-)
ラピータさんが発見してくださるエピソードを、いつの日かファンの皆さんと共有し
楽しみながら研究する
それが私たちの夢のひとつです。

大発見から一年
私もそろそろ、ポターさんの勉強を少しずつ始めたいと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleメニューsidetitle
sidetitle最新の記事sidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitleリンクsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitle優しいひとときsidetitle
QR