スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朗読の研修会

今日は朗読サークルの月に一度の研修会でした。

今月28日に作品の発表があるので、パネルと音楽にあわせる練習をしてきました。

作品はパネルシアターの「もりのへなそうる」です。
小学校低学年のお子様達に見ていただくこの作品は
5歳と3歳の男の子の兄弟の物語です。

ある日探検に出かけた兄弟は森の中でしましまの大きな卵を見つけます。
翌日卵のある場所に戻ってみると、見たこともない大きなしましまの怪獣がそこにいたのです!
2人は怪獣へなそうると一緒に楽しいひとときを過ごします。

3歳のみつやくんの言葉の言い間違えがとてもユニークな作品です。
お子さん達の中には、このおはなしを聞いた後に
へなそうるごっこ(わざと言い間違いをする)が流行ったりするみたいです。(*^_^*)

私は今回5歳のてつたくん役をするんですが
ほとんど声色を作ることなく出来るので、楽しく演じています。
一年以上朗読の練習はしていないので、こういうキャラクターものでないと
とても引き受けられませんでした。

今サークルの中では6月に上演する「かみなりむすめ」の練習も行われていて
劇中に歌うわらべ歌の伴奏と効果音の演奏も引き受けることになってしまいました。
(本当は楽譜つくりだけのはずだったのですが・・・)

公演日の二日間と練習日、仕事とかち合わないと良いのですが・・・(^^ゞ

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleメニューsidetitle
sidetitle最新の記事sidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitleリンクsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitle優しいひとときsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。