スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3年ぶりの朗読の舞台

私が入っている朗読ボランティアサークルでは
第4水曜日に区の老人福祉センターで「名作サロン」という朗読会をしています。
この朗読会は10年以上続いています。

一度の公演で基本的には3作品を披露しています。

今日は3年ぶりに一人で舞台に立ちました。
読んだお話は小川明子さん作の「すてご花」です。

捨て子として引き取られた「仙太」をめぐる長屋の人々の人情や心意気などが、
江戸の年中行事などをからめていきいきと描かれています。
児童書なのですが、大人の方が共感し理解できる作品です。

シリーズものの第一話目を読ませていただきました。
時間にして30分強
練習していたときには40分近くかかっていたのですが
やっぱり本番は少し早くなってしまいます。(^_^;)

あいにくの雨模様でしたので、お客様も少ないだろうと思っていたのですが
50名以上の方がいらして下さいました。
今日はわざわざ友人も聴きにきてくれて、ちょっと気恥ずかしかったのですが
楽しんでくれたようで、嬉しかったです。

今回の朗読会で一段落、しばらく休んでいた作品作りを復活させようと思います。

テーマ : 朗読ボランティア
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

昨日はお疲れ様でした

なっつさん、昨日の朗読、すごく上手で感動してしまいました。
帰り際に、聞きにいらしていた皆さんから
お声をかけられているなっつさんを見て
スターだなって思ってしまいましたv-398
これからもぜひ聞かせてくださいね。
「すてご花」とってもいいお話でした。

ありがとうございました。

花雪さん、おはようございます。
水曜日はわざわざ朗読会に来ていただいて
本当に有難うございました。

友達に聴いてもらうのは緊張しましたが
花雪さんに楽しんでいただけて嬉しかったです。

私が入っているサークルの皆さんは、本当に良い方ばかりなんです。
昨日ご紹介した手作り絵本を作っているTさんとは、今後も花雪さんの活動に何かご縁があるかもしれませんね~

すてご花、ぜひ他のお話も読んでみてください。
sidetitleメニューsidetitle
sidetitle最新の記事sidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitleリンクsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitle優しいひとときsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。