スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は朗読会でした

今日は今年最初の朗読会でした。

今回は読み手ではないので、効果音を担当しました。

演目は松谷みよ子さん作の「貧乏神と福の神」と

宮部みゆきさん作の「かどわかし」です。



お正月にぴったりの「貧乏神と福の神」のお話、皆さんはご存知ですか?



 とある若者の家には昔から貧乏神が住みついていました。

 若者のもとに働き者のお嫁さんがやってきて

 ふたりで一生懸命働いたので

 家はだんだん裕福になっていきました。

 そして、とうとうその家に福の神がやってくることになったのです。


 貧乏神は家を離れるのが寂しくて、えーんえーんと泣いていました。

 それに気が付いた若者もお嫁さんも、今まで家を守ってくれていた貧乏神に

 福の神なんか追っ払って、このまま家にいて下さいと言うのです。


 除夜の鐘がなり鈴の音を鳴らしながら福の神がやってくると

 貧乏神と相撲で勝負することになりました。


 最後には貧乏神が福の神に見事勝って

 福の神は打ち出の小槌を落として逃げていきました。


 貧乏神は打ち出の小槌を拾って、若者たちの欲しいものを

 全て与えてあげました。

 すると、不思議なことに

 貧乏神はいつの間にか福の神にかわっていたのです。




というお話なんですが

効果音を入れたのは除夜の鐘の音と

それに重ねてキーボードで鈴の音を鳴らして福の神登場


相撲で福の神が投げ飛ばされるシーンでは

「デーン」という音を自宅のシンセから探して

打ち出の小槌を振るシーンでは

「ドン ジャン ガラーン ポン!」

という音をそれぞれネットから探して組み合わせて使いました。


この音を探す作業をしていたときに

わが家のしまりす(ふく)が音に反応して鳴き出したんです。


効果音が敵?仲間?の鳴き声に聞こえたのかも知れません。



朗読会の音声は後ほど朗読サークルのブログにアップいたします。

ご興味のある方は、お聞きになってくださいね~



朗読の会 マザー・グース ブログ

テーマ : 朗読ボランティア
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleメニューsidetitle
sidetitle最新の記事sidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitleリンクsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitle優しいひとときsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。